過労でうつになったら、本人・会社・世間にとって、もったいない

過労でうつになったら、本人・会社・世間にとって、もったいない

先日、「過労でうつになったら?」という話を聞きました。

精神的なエネルギーが枯渇して、なかなか身体も動かせなくなるんですよね。

 

その時に思い出したのが、近江商人のビジネス哲学である「三方よし」という言葉です。

  • 買い手よし
  • 売り手よし
  • 世間よし

買った人も、売った人も、世間も、みんながハッピーになる商売ということです。

 

なぜ、うつの話を聞いた時に、この言葉を思い出したかというと、「過労でうつになったら、三方よしの真逆になるじゃないか」と思ったからです。

  • 働き手に悪し
  • 会社に悪し
  • 世間に悪し

要するに、「せっかくの人材がもったいない」ということです。

ご本人にとっても良くないし、会社にとっても戦力ダウンだし、もっと貢献されるはずの世間にとっても良くないことなのです。

別に、本人が悪いわけではありません。もったいないのです。

 

過労大国、日本。

これから労働力は貴重になります。もっと人を大事にしたいですね。

CATEGORY :
TAG :