早く帰って、かみさんから早く育児をバトンタッチする必要があります

早く帰って、かみさんから早く育児をバトンタッチする必要があります

うちの三男は、生後5ヶ月くらいから、泣きじゃくりが激しくなってきました。

6ヶ月目に入り、収まってきてくれるといいな、と思いつつ、まだまだ1日中泣いてます。

しかも、母親じゃないと収まらないことが多くなってきました。

む〜、困った。

 

すると、かみさんがもう、三男にずっとかかりっきりなんですよね。

夕方になると、かみさんも疲労がずいぶん溜まります。

 

だから、夫である僕が早めに帰り、育児をバトンタッチしなければなりません。

専業主婦だから楽であるというわけではないのです。

想像していただけるだけでもいいと思います。1日中365日、思い通りにいかないあかちゃんにかかりきりな自分の姿を。

 

母親であれば、定時上がりしたり、飲み会を断ったりするのも、しかたないという感じがあると思います。

でも父親であれば、家事育児は母親に任せて、残業したり、飲み会に参加したりするものでしょ。という感じがします。

僕は、極力残業はなくしていきますし、飲み会もお断りしています。今は、家にいる時間を少しでも増やす必要があるからです。

家事育児を必死にやっています。

 

 

部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~
佐々木常夫
WAVE出版
売り上げランキング: 12,641

 

CATEGORY :