子育て家庭に優しい社会にしたいんだったら、自分でやれ

子育て家庭に優しい社会にしたいんだったら、自分でやれ

会社に、子育て家庭への配慮を求めるけど、子育て家庭だけが大変じゃないのは分かってる。

会社だって、生き残っていかなきゃならない。

生き残る会社になるためには、子育て家庭や親介護家庭に、そんなに配慮していられないのだろう。

 

でも、子育ての大変さは訴えていきたいし、もっと子育てに暖かい社会に変えていきたい。

それができる可能性を探りたい。

 

じゃあ、それを会社にばかり、それも上司ばかりに求めるのか?

求めてもいい。それなりに勇気の要ること。

 

でも、それを誰がやるって、自分がやるしかないんだよね。

「しかない」は語弊だけど。それくらいの覚悟は必要。

「あいつは、自分のことしか考えてない」なんて白い目で見られようが、自分からできる範囲でやるしかないんだと思う。

まずは今日、定時であがろう。

 

 

長いものに巻かれるな! 苦労を楽しみに変える働き方
渥美 由喜
文藝春秋
売り上げランキング: 7,237
CATEGORY :
TAG :