職場での配慮の足りなさは、「今後、気を付ける」のではなく、TODOリストへ落としこむ

職場での配慮の足りなさは、「今後、気を付ける」のではなく、TODOリストへ落としこむ

僕はどうも、周りに気が回りません。

人の動きを見て、「あっ、やっておけばよかった。」と、後悔することが多いです。

 

じゃあと言って、反省して、

「今後は、周りに気を配るようにする」

と締めくくるのは、無駄だと思っています。

なぜなら、できないから。

 

そうではなくて、

  • 【毎朝】部下の昨日の仕事を振り返る
  • 【毎朝】部下の今日の仕事をシミュレーションする
  • 【毎週】先週の緊急対応の振り返りをする

など、TODOリストに落とすのです。

TODOリストは、覚えようとしません。忘れてしまうので。

自動的に、「今日やること」に現れるように、仕込んであります。

Windowsパソコンが1台あれば可能です。標準ソフトのExcelと、Outlookカレンダーがあれば、できます。

 

 

こうすることで、僕の「気配り能力」が上がるわけではありません。

タスクを追加してるだけですからね…

でも、周りからは、「気配りしてる係長」と見なされるでしょうし、実際に、仕事でも役に立ちます。

 

だから僕は、反省した時に、「今後は気を付ける」と締めくくることはしません。

どのようにタスク管理に落としこむかを、すごく考えます。

 

 

スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 242,787