歩いて生活できる生活圏。ゆっくりのんびり自転車をこいで生活できる生活圏。

歩いて生活できる生活圏。ゆっくりのんびり自転車をこいで生活できる生活圏。

これからどんどん高齢化社会が加速していくわけですが、高齢者の特徴として、「足腰が弱ってくる」ということがあります。

足腰が弱ると、移動が大変になるんですよね。

あるいは、小さい子どもを育てても、移動が大変です。

あかちゃんを抱っこ、自転車の前と後ろにちびっこたち、とか。

車の通行に神経を研ぎ澄ませながら、子どもと一緒に歩くとか。

あ〜、大変。

 

街中での移動というのは、解決すべき課題の一つです。

 

 

小さい子どもを育てて痛感するのですが、

自動車さえ通ってなかったら、もっと自由に子どもを遊ばせられるのに

という思いです。

 

完全に車の通行を遮断しなくても、15キロくらいの制限があれば、幼稚園児なら一人で買い物に行かせられるかな。とも思います。(不審者に連れ去られるとかのリスクを考えなければ。)

 

 

あるいは、足腰が弱ってくる高齢者にとっては、徒歩圏内で生活必需品が買えると助かります。

杖をつきながら、ぼちぼち歩いて買い物するのです。

せいぜい、自転車をゆっくりこいで、回れるくらいが最大範囲ですね。最近は、電動カート(低速の4輪駆動車)も見かけるようになりましたし。

 

それくらいで生活圏がまとまると、住みやすいのではないでしょうか。

 

 

 

電動カート パルパル
電動カート パルパル

posted with amazlet at 15.09.13
株式会社パルパル
売り上げランキング: 33,716
CATEGORY :