子どもに食欲がなくても、気にしなくてよくない!?それなりの配慮はしつつだけど。

子どもに食欲がなくても、気にしなくてよくない!?それなりの配慮はしつつだけど。

うちの息子は、あまり食事に欲がありません。

すぐに遊びに走ってしまいます。

 

 

食事に意味を感じてない風ですし、

食事に魅力を感じてない風ですし、

親が食べろと言うから、しかたなく食べてる感があります。

 

 

大人になれば、なぜ食事を摂らなければならないかの「意味」が分かるので、例え食欲がなくても食べます。

しかし子供では、「意味」はそうそう分かりません。体が食事を欲しなければ、「習慣」として食べてもらうしかないのです。

 

 

でも、ちょっと待ってください。

「習慣」とは、思い込みで作られることもあります。

現代のように、朝・昼・夜、1日3食食べる「習慣」となったのは、明治時代以降だと言います。

最近の話です。

 

であれば、

「うちの子は、1日3食を食べなくて、困っちゃう」というのは、無用な悩みではないでしょうか。

 

きっと、食べたいだけ、必要なだけ食べてるでしょう。

食べたくないなら、そもそもそれほど必要としていないんだ。

肩の力をちょっと抜きましょう。

そう考えることもできます。

 

 

とはいえ、理想的な栄養バランスというものはあります。

だから、少ない食事量であっても栄養がしっかり取れるように、レシピを工夫したり、栄養補助食品を使ったりしようと思います。

 

 

CATEGORY :
TAG :