【au iPhoneから格安SIM(IIJmio)へ乗り換えるシリーズ】③ MNP予約番号を取るタイミングの注意点

【au iPhoneから格安SIM(IIJmio)へ乗り換えるシリーズ】③ MNP予約番号を取るタイミングの注意点

現在のケータイの電話番号を、別の通信会社でも引き続き使うときは、MNP予約番号というものを取得する必要があります。

MNP予約番号は、現在使っている通信会社から発行されます。僕の場合は、auです。

 

今回は、MNP予約番号を取るときの注意点を挙げたいと思います。

 

 

ちなみに僕は、どうしても6/1に通信会社の切り替えをしたい事情がありました。

それは、auと契約している2年縛りが、5月いっぱいで終わること。そして、6/2以降に契約解除すると、1ヶ月分の利用料金がかかってしまうこと。

この2点を考えると、違約金を発生させず、1ヶ月分の利用料金もかからせないためには、6/1に契約解除(他者への乗り換え完了)する必要があったのです。

こういうタイミングについては、auショップで確認できました。もし検討される場合は、auショップで問い合わせしてみましょう。

 

 

さあ、6/1切り替えへ向けて、戦略のスタートです。

 

 

MNP予約番号には有効期限がある

MNP予約番号は、有効期限があります。当日含めて、15日間です。15日間の間に、乗り換え手続きを完了させないといけません。

 

けっこう余裕あります?

 

いえいえ、もしもIIJmioに乗り換えようとしているならば、15日間の余裕があるわけではありません。

IIJmioへ契約する時に、MNP予約番号の有効期限が、7日間以上残っている必要があるのです。

 

だから、契約するタイミングを決めてから、逆算しておきましょう。

 

 

 

MNP予約番号は、とりにくい

「この日に、MNP予約番号をとる!」と決めたら、決められたところへ電話をします。

auの場合は、au ケータイから「157」をかけることになります。

 

すると、自動音声が流れるので、番号を押しながらステップを進めます。

 

最終的には、オペレーターにつながるのですが、これが日中だと、かかりにくい!

平日も、休日も、日中はかかりにくいです。あきらめてしまいます。

平日の昼休みに何度かかけましたが、つながったことがありません。

 

平日だろうと、休日だろうと、営業時間の開始直後をねらって電話することをお勧めします。

 

 

オペレーターからは、いろいろな確認や、他社へ移られまいとするいろいろな提案を受けるので、10分くらいはかかります。それくらいの余裕は持ちましょう。

 

 

 

MNP予約番号を控える

電話口では、MNP予約番号を控えるように言われるので、メモを取ります。

でもそのあとに、SMSにもメールを送ってくれるのですが、手元のメモと2重でチェックすればいいですかね。

 

数日後に、ハガキでもMNP予約番号をお知らせしてくれました。

 

 

 

MNPによる他社への乗り換えにかかる費用

MNP転出手数料 2000円 (翌月のauからの請求に合算)

転出先での新規事務手数料 3000円 (新しい通信会社から請求)

 

その他、auと結んでいた契約による、いろいろなサービスの解除料とか。これは、auショップで確認したほうがいいですね…

 

 

 

CATEGORY :
TAG :