【au iPhoneから格安SIM(IIJmio)へ乗り換えるシリーズ】① なぜ、我が家はIIJmioにしたか?

【au iPhoneから格安SIM(IIJmio)へ乗り換えるシリーズ】① なぜ、我が家はIIJmioにしたか?

ながらくauを使っていましたし、最近はiPhoneにハマりまくっていましたが、格安SIMへ乗り換えることにしました。

 

理由は、利用料金が格段に安いからです。

そして、auにこだわる理由はありませんし、かならずiPhoneである必要もないと判断したからです。

 

 

我が家で携帯電話を使っているのは、僕とかみさんの2人だけです。

子供は2人いますが、まだ幼稚園児なので、携帯電話は持たせていません。

だから、夫婦2人が使うにあたってベストな格安SIMを選びました。

 

 

格安SIMの会社はいくつかありますが、選択のポイントは、データ通信量と料金の関係ですね。

自分たちは、毎月どれくらいのデータ通信量が必要なのか?

その通信量を使う場合、どの会社が一番安いプランを提供しているのか?

という順番で考えていきます。

 

 

au iPhoneの場合、「auサポート」というアプリがありますので、このアプリで毎月の通信量を確認することができます。

僕 3.8GB

かみさん 1.4GB

というふうに確認できました。

 

<これは、かみさんの利用状況>

IMG_4226

 

ここで考えるのが、夫婦別々にそれぞれの通信量に見合ったプランを使うのか、それとも夫婦で一つの通信量を分け合うプラン(シェアプラン)にするのか、という選択です。

 

僕たち夫婦の場合は、例えば僕が毎月5GBのプランにして、かみさんが2GBのプランにする方法もあります。

しかし、10GBを夫婦で分け合うという方法もあります。

これで、どちらが安いのか検討するのです。

ちなみに、「データ通信プラン」ではなく、「音声通話付きプラン」です。よく宣伝される最安値は、通話のできないデータ通信プランであることがほとんどですので、注意してくださいね。

 

 

 

そして比較検討した結果、

IIJimo 音声通話機能付きSIM「みおふぉん」

ファミリーシェアプラン 10GBを夫婦で分け合えて 月2560円

これにしました。

 

これが一番安いし、評判も悪くない。

結局、夫婦が別々にSIMカードを契約するよりも、安いです。

それに、最高3枚のSIMカードと分け合えるので、もう一枚追加することもできます。

タブレットに差して、遠方の親に使ってもらってもいいし、自分で使ってもいい。

将来的には、子供にスマホを持たせるかもしれない。

 

 

10GBでは、半分くらい余るかもしれないので、3枚目をうまく使いたいですね。

 

 

CATEGORY :