好きなこと、できることを、やっていくぞという決意が、モリモリと湧いてきたセミナーでした

好きなこと、できることを、やっていくぞという決意が、モリモリと湧いてきたセミナーでした

立花岳志さん・大塚彩さんが主催する「ツナゲルアカデミー」の第6講が先日終わりました。最終講です。

 

講師の佐々木裕子さんのお話の他に、立場を同じくする受講生からもたくさんの刺激を受け、学ばせていただきました。

全員が発表するという課題でしたので、みんなの発表、それぞれの生き様を知ることができたのは良かったです。

 

中でも、深い刺激となった発表を書かせていただきます。

 

 

岩見さん

「私自身が出来る 最高の事を 自信を持って取り組む。 それをしても良い

分かります。

自分が出来る最高の事、でいいんですよね。他人と比べたら、それはそれは足りないものが多いでしょう。何様のつもり?と思われることがあるかもしれません。

でも、自分が出来る最高の事に、自信を持つんです。

 

そして、それをしても良いんです。これ、大事。

してもいいんですよ。許されてるんです。

自信のない僕らには、「してもいい」という許しが必要な気がします。

しても良いんです。

 

 

しげっちさん

ブログを書くためのハードルを、思いっきり下げられたそうです。

それは、「下書きを、1行でも書ければいい。」という原則です。

それにより、毎日ブログを書くという習慣を実現されています。

 

下書きでもいいんだ。

そうか。確かにそうだな。

何も書かないよりか、はるかにましだ。はるかに、一歩進んでいる。

僕も、真似させていただきます。

 

 

川島さん

「変わったことは、ない。でも、戻ったと思う。」

この衝撃的な言葉。

思えば、川島さんは、最初から「僕は書評が苦手です」と発表するという等身大の発信をしていました。普通、自分の得意なことを発表しますよね。

でも、いきなり苦手なことを発表されていました。

そして、最後も「1年間で、変わったことはない。」と言い放ちます。

でも、「オリジナルに戻ったと思う。」という超重要な言葉を残されました。

やりたいことをやるためにIT業界に入ったという原点に戻った川島さんは、アプリ開発を決意されたとか。

変わらなきゃと思い続けてきた僕ら。でも、実際は、戻るだけなのかもしれません。

それでいいのかもしれません。

 

 

伊藤さん

御嶽山の噴火により、友人をなくされたエピソードを紹介されながら、こう言われました。

若いからって、いつでも会えるわけじゃないよな。会いたい人には、すぐに会いに行こう。」

 

これはもう、事実なんですよね。

伊藤さんのご友人を亡くされたという、厳しい現実から得られた真実。

いつでも、会えるわけじゃない。

いつでも、できるわけじゃない。

やりたいときにやらないと、後悔する。

 

僕も、会いたい人には会いに行き、やりたいことはやるように、心がけるようになりました。

 

 

もえさん

もえさんからは、発表ではないですが、とてもありがたい言葉をいただきました。

僕が描いたイラスト入りの名札を見ながら、

「これ、とくさんが描いたんですか?めっちゃうまいじゃないですか!?」

そうなのか?本当にそうなのか?

俺、絵がうまいのか?

 

たしかに、僕は絵が好きです。

普通の人よりも、たくさんの絵画に触れてきたし、たくさんの絵を描いてきた自信はあります。

絵を描くのが、好きなんです。

 

だとすれば、それを生かさない手はない。

この時から、僕の手帳にイラストが増えました。

いつか、もっともっと生かしてやる。この関心と才能を。

 

 

 

さいごに

このように、セミナーと言っても、講師から得るばかりではないのですね。

受講生から得られることも、えらくたくさんあるのです。

それが、ツナゲルアカデミーの大きな魅力でした。

 

みなさま、ありがとうございました。