【Scratch jr】バスケットゴールにボールを入れた後、「やったー!」と声をあげるプログラムの作り方はこちら

【Scratch jr】バスケットゴールにボールを入れた後、「やったー!」と声をあげるプログラムの作り方はこちら

息子と共同で作ったScratchjrのプログラミングを、詳しくご紹介してみます。

 

紹介するプログラミングはこちら

 

サッカーボールをシュートして「入ったぞ!」

 

このプログラミングを作るには、ブロックをどのように組み合わせたらいいかを見せていきます。

 

 

 

まずは、猫ちゃんの動きから。

Scratchjr

  1. 旗を押すことでスタートします
  2. 右に3マス移動します
  3. 左側に2コマ分回転します
  4. 右側に2コマ分回転します

 

猫ちゃんが回転し、元に戻る動きをすることで、「蹴っている」という動きに見せかけているんですね。

 

ちなみに、「右に3つ移動する」というのを、どのように正確に判断するかというと、グリッド線を表示させます。

IMG_0387

猫ちゃんのいるマス目が、薄青いブロックで表示されるので、そこを基準にマス数をカウントしていきます。

 

 

 

次は、ボールのプログラミングです。

Scratchjr

  1. キャラクターがぶつかったら始動します
  2. 上に6マス動きます
  3. 下に4マス動きます
  4. 2コマ分跳ねます
  5. 1コマ分跳ねます
  6. キャラクターが消えます
  7. 「入ったぞ!やった〜!」と録音したブロックを再生させます

 

跳ねるアクションとか、消えるアクションとか、けっこういい感じになってると思います。

跳ねた後に、消すのではなく、転がしていきたいとか。そのまま静止させたいとか。あとは好みでブロックを変えてみてください。