ライスワークは、基準内で成果を出せればいい。ライフワークに費やせる時間を保障せよ。

ライスワークは、基準内で成果を出せればいい。ライフワークに費やせる時間を保障せよ。

好んで残業をする人は、きっと仕事=ライフワークとなっているのでしょう。

だから、大変は大変だけど、充実感もあるのだと思います。

いろいろ困難があるとしても、乗り越えていけるのだと思います。

 

でも、仕事=ライフワークとなっていなければ、プライベートを犠牲にした残業には、苦痛が伴います。

本当は、労働基準内で働き、成果を出せば、それでいいはずです。

そのルールの中で、いかに高い成果を出すのかということに、知恵を絞らなければならないはずです。

 

 

ライスワーク(食うためにやる仕事)ライフワーク(人生をかけてやる仕事)は、けっこう一致しないものです。

一致すれば幸せなことですが、そうそう一致しません。

だから、ライスワークはルール内でせいいっぱいの成果を出すことにし、ルール以外の時間はライフワークに費やしたい。そう思う人がたくさんいたっておかしくない。

 

ライフワークは、自分の人生をかけるのですから、ものすごい力が発揮できるはずです。

誰に言われなくたって、勝手にやるんですから。

好きで好きで、やりたいからやるんですから。

 

そこから、とんでもないイノベーションが巻き起こる可能性は十分にあります。

大きいものから、小さいものまで、あちらこちらで素晴らしい工夫が凝らされたものが、生まれるかもしれません。

だから、ライスワークはルール内で行い、ライフワークを保障できる社会こそ、活気溢れる強い社会になるのではないでしょうか。

そういった遊びの少ない組織は、硬直し、変化に適応できないとも思います。