幼稚園児にiPadでプログラミングを学ばせるなら、本人のアイデアを膨らませてあげるのがいい

僕は、息子たちにプログラミングを教えたいと思っています。

なぜなら、コンピュータープログラミングは、「自分のやりたいことを実現するためのツール」として、ものすごい力があると思うからです。

英語よりも、ずいぶん役立つと思います。

 

 

息子はまだ、幼稚園児。

どうやって教えたらいいんだろうか。

机に座りながらウンウン考えました。

 

・・・・・・

 

でも、いい考えが浮かばなかったので、とりあえず僕が楽しんでいるところを見てもらいました。

つかうアプリは、Scratchjr。

ScratchJr

無料
(2014.09.20時点)
posted with ポチレバ

 

カエルがジャンプして、りんごが大きくなって、妖精が魔法をかけるプログラミング

IMG_0381

 

 

すると、食いつく、食いつく。

「俺もやりたい!俺もやりたい!」だって。

 

 

で、息子にどうしたいか聞くと、

「ボールを蹴って、ゴールに入れたら、『やった〜!』って喜ぶようにしたい〜」

なんていうので、アドバイスしながらプログラミングを組み立てさせました。

 

Scratchjr

 

 

少し教えたら、もう自分でいろいろ作ってましたよ。

 

スタイルとしては、

子どもがアイデアを出し、親がそれを実現するためのプログラミングを教える。

息子「これを使って、ああやりたいな。」

 俺「ああ、じゃあ、このブロックを使ってみよう。」

これがいいと思います。

 

 

では、息子の作ったプログラミング作品集です。

バスケットゴールにシュート

 

海をスーイスイ

 

サッカーボールをシュートして「入ったぞ!」