子どもとお風呂を上がる時に10を数えるのは、いいことがたくさんある

 

僕は、毎日、子どもと一緒にお風呂に入っています。

そして、お風呂からあがる時は、「1、2、3、・・・10」と、10まで子どもと一緒に数えるようにしてます。

 

この、一緒に10まで数えるという行為は、実はいいことがたくさんあるんですね。

 

 

体が温まる

 

一つは、体が温まります。

これは、当然です。

 

子どもはお風呂でもずっと遊んでいるので、あまりお湯につからないことがあります。

特にこれからの季節、体が温まらないと、すぐに風邪を引いてしまいます。

子どもが風邪をひくと、子どももつらいですが、親も大変ですよ。

 

せめてあがる直前だけでも、体を温めてからあがりたいです。

 

 

 

数字の並びを覚える

 

2つめは、数字の並びを覚えられます。

 

1の次は2。2の次は3。と、決まった順番があることを覚えられるのです。

 

この「順番がある」ということは、これから大事になってきます。

順番があることを知っているから、順番を待つことができるんですよね。

 

 

 

ユアペースを身に付ける

 

3つ目は、ユアペースを身に付けられるということです。

ユアペースというのは、聞きなれない言葉だと思います。

 

マイペースならご存知ですよね。

マイペースは、自分のペース

ユアペースは、相手のペース

マイペースではなく、ユアペース(相手のペース)に合わせられるのです。

 

10を数えるのは親なので、親が10を数え終わるまでは、待つということができるようになってきます。

ユアペースに合わせてますね。

 

ユアペースに合わせることができる、という習慣は、社会性の核になっていくでしょう。

 

「10まで待てば、親が必ずお風呂から上がらせてくれる。」

という約束を、親も守ることで、「この人に合わせてもいいかな」という気持ちが芽生えるのです。

 

 

 

さいごに

 

「お風呂から上がる時に、10数える」

というのは、からだをあたためるための、昔からよくある風景だと思います。

 

でも、よく考えてみると、こんなにいいことがあるんですね。

意図的に取り入れてみましょう。