「家族は大事」と「自分の人生は大事」を、融合させる

 

10月になったので、第3四半期(7~9月)をふり返っています。

 

そこで気づいたのが、自分は思った以上に、家族といる時間に幸せを感じている、ということです。

 

 

ただ、そこにいられる、家族

 

昨日も書きましたが、家族といると、時間の流れ方が違うんですよね。

というか、流れてないんです。

 

空間も、あまり意味を持っていないというか、「ここは、こういう場所だ」みたいな認識がなくなるんです。

 

時間も、空間も、あいまいに融合して、

ただ、そこにいる。

そんな感じになります。

 

それが心地いい。

 

 

 

気を張り続ける、仕事中

 

例えば仕事だと、違いますよね。

ピンピンに気を張っています。

 

常に、今は何時か、予定まであと何分か、何をする時間かと、頭の中にあります。

空間的にも、職場にふさわしい身の振る舞い方を、同僚やお客様の視線を意識しつつ、整えています。

 

時間も、空間も、明確に意識して、

最大の成果を出すべく、全力を尽くす。

そんな感じになります。

 

嫌じゃないけど、疲れます。

 

 

 

なにが幸せなのか、忘れない

 

僕はやりたいことが多くて、自分だけの時間がもっともっと欲しいと、常々思っています。

それは、家族が負担であるという意識に、容易につながり得るものです。

 

でも、自分が感じたことを記録に残し、振り返ってみると、いかに家族があることで幸せをもらっているか。人生が充実しているかを、改めて思い出させてくれるのです。

人間って、その時その時の感情や思い込みに、左右されやすいんですね。

 

 

家族は大事。

自分の人生も大事。

しっかりと融合させていきたいと思います。