プレイパークっていう、子どものための素晴らしい遊び場があるよ!

プレイパークっていう、子どものための素晴らしい遊び場があるよ!

 

昨日は、幼児向けに思いっきりIT系の、メカメカしいイベントに参加した記事を書きました。

 

今日は、自然の中でからだを動かして遊べるイベントに参加したレポートを書いちゃいます。

 

 

プレイパーク(冒険遊び場)とは

 

「プレイパーク」というのをご存知ですか?

冒険遊び場とも言います。

 

冒険遊び場は、子どもが「遊び」をつくる遊び場です。

そこでは火を使ったり、地面に穴を掘ったり、木に登ったり、何かものをつくったり・・・。

落ち葉やどろんこや自然の素材を使って、遊び場にあるスコップや金づちや大鍋を使って、自分の「やってみたいと思うこと」を実現していく遊び場です。

さまざまな遊びが展開されていくので、変化しつづける遊び場ともいえます。

禁止するのではなく、いっしょに考えてやってみる。

のびのびと思いきり遊べるこの場所は、子どもが生きる力を育むことを支えています。

 

引用 – 日本冒険遊び場づくり協会

 

 

現代は、大人にとって住みやすい環境を追求した結果、子どもにとって遊びにくい、過ごしにくい、危険にあふれた環境になってしまいました。

 

「危ないから、ダメ」

と言われ、窮屈な子ども時代を過ごさせるのではなく、

 

「一緒にやってみよう」

と言える場所。

 

そんな素敵な場所が、プレイパーク(冒険遊び場)です。

プレイパーク (6)

 

 

こんなに面白い遊び場がある

 

では、ざざーっと、ご紹介!

 

 

巨大ハンモック。大人も揺られたい!

プレイパーク (2)

 

でかすぎるブランコ。大人も揺られたい!

プレイパーク (2)

 

綱渡りできるかな!?

プレイパーク (4)

 

段ボールの山々。段ボールは何にだってなる。

プレイパーク (3)

 

メシだって食える

プレイパーク (8)

これには笑った。

 

シャボン玉、やりたいほうだい、たっぷり。ケチケチしないでよし!

プレイパーク (4)

 

小さい子向けに、日陰でおもちゃ

プレイパーク (5)

 

火だって、炊いちゃうよ。

プレイパーク (7)

 

シャボン玉液の作り方は、こちら

プレイパーク (1)

 

 

 

遊んでる様子

 

現場では、必ずプレイリーダーと呼ばれる方がいて、見守ってくれたり、一緒に遊んだりしてくれます。

 

大人がいることで、子どもだけではできない、ダイナミックな遊びもできるんですね。

 

 

たまたま会った子どもたちは、一緒に遊んでいるような、ただ同じ場所にいるだけのような、付かず離れずで遊んでました。

そういう関係も、とてもいいと思います。

 

 

 

さいごに

 

子どもがちょっとした危険を冒しながらも、 ひやひやして、ワクワクして遊べる場所

それを用意するのは、大人の責任です。

 

大人の責任と言いつつ、子どもを連れて行って遊ぶことしかできませんが、プレイリーダーの方々、冒険遊び場づくりの方々、感謝いたします。

 

どんどん、プレイパークに遊びに行くぞ!

 

 

日本冒険遊び場づくり協会