デスクトップの背景も邪魔になったので、単色にしたらスッとしました

デスクトップの背景も邪魔になったので、単色にしたらスッとしました

無駄なストレスは、削りたいですよね。

生産性を上げるために、無駄なストレスはどんどん削るうちに、パソコンのデスクトップ画面が超シンプルになりました。

 

 

アイコンを置いていない

 

以前にも書きましたが、職場のパソコンのデスクトップには、アイコンを置いていません。

 

デスクトップの画面 ウィンドウズ

 

【ふくタス】パソコンのデスクトップにだって、アイコンは1つもいらない | Big yesな日々をプロデュース

 

 

この記事でも書いていますが、

僕は、デスクトップにアイコンを置いておくことで、つい目に入ってしまう、認識してしまう。 その時間や集中力のロスを嫌います。

 

ということです。

 

見る必要のないものを見ないために、アイコンは置かないようにしているのです。

 

 

 

背景の壁紙も、邪魔

 

アイコンがたくさんある画面であれば、壁紙はさほど気にならないのでしょう。

まさに、背景です。

 

でも、デスクトップからアイコンをすべて撤去してしまうと、壁紙の柄が際立ってきます。

背景ではなく、前景になってくるんですね。

 

 

そして、Windowsの柄が、気になってきてしまいました。

デスクトップの画面 ウィンドウズ

「なんで、Windowsマークとか、光の流れる感じとか、こういう背景をいちいち見なきゃいけないんだ・・・」「邪魔だ・・・」

 

ふとそう思って、背景をシンプルにしてしまいました。

 

 

それが、こちらの画面。

デスクトップ 画像 グレー

 

じゃーーーーん。

別に故障してないですよ。

グレーの単色にしているだけです。

 

アイコンがないので、故障でもしたかのように、グレー一色。

 

これが、気に入っています。

スッとしました。

余計なものに目がいかない感じがいいです。

 

 

人によっては、「味気ない」と思われるでしょう。

「味のある壁紙」にしたい人は、それで構わないと思います。

モチベーションにも関わるでしょうから。

 

僕はただ、僕にとって必要のないものを削っただけです。

 

 

 

背景の変更方法

 

それでは、背景の変更方法を書いておきます。

 

デスクトップ画面のどこでもいいので、マウスで右クリックします。

すると、以下のようなメニューが出てきます。

デスクトップ画面 個人設定

ここで、「個人設定」をクリックします。

 

 

すると、こんな画面が出るので、「デスクトップの背景」をクリックします。

デスクトップ画面 個人設定 背景変更

 

 

「画像の選択」というメニューがあるので、ここでいろいろ選べます。

僕の場合は、「単色」から選びました。

デスクトップ画面 個人設定 背景変更 単色

 

これで、終了。簡単です。

デスクトップ 画像 グレー

 

 

 

自分で撮った写真を背景にすることもできますので、いろいろ試して、自分にあった背景を設定してみてくださいね。