イヤホンがあることで、両手がふさがって、ゆっくりと音楽が楽しめるようになったスモスくん

知的障害を持つスモスくんは、音楽が好きです。

家でも、学校でも、音楽を聴くと、ニコニコしています。

 

 

ただ、CDプレーヤーのいろんなボタンが気になるみたいで、ついつい押しちゃうんですよね。

名称未設定アートワーク

 

すると、音楽が止まっちゃったり、CDが出てきちゃったり、ラジオになったりして、落ち着いて音楽が聞けません。

好きな音楽が聞けないと、スモスくんも大騒ぎです。

 

 

だからやむなく、スモスくんの手の届かない場所にCDプレーヤーを置いて、大人が操作をしています。

名称未設定アートワーク-1

 

 

 

そんなある日の学校でのこと。

先生が、イヤホンを渡してみました。

 

 

本当は、周りの音が遮断できるように、ヘッドホンを用意してあげたかったのです。

でも、すぐには用意できなかったので、耳に入れるタイプの普通のイヤホンでした。

 

 

しかもスモスくんは、耳の中にものを入れるのが嫌で、両手で持ちながら聴いていました。

 

 

するとどうでしょう。

 

 

名称未設定アートワーク-2

 

 

両手がふさがったのです。

 

これで、CDプレーヤーのボタンを押すことなく、落ち着いて音楽が楽しめたそうです。

 

 

 

ヘッドホンじゃなかったけど、イヤホンであることで、逆に音楽を止めることなく楽しめました。

 

なにが本人のためになるのか、分からないもんですね。

それが、支援の面白いところです。