やりとりは、常にズレという火種を抱えている

自分の意図は、相手に伝わりきれない

相手の意図は、汲み取りきれない

 

だから、やりとりにはズレが生じます。

 

でも、そこで衝突に至るか、相談に至るかは、信頼関係によるでしょう。

 

信頼関係のないところに生じたズレは、「何言ってんだ、あの人!」という衝突に発展します。

信頼関係のあるところに生じたズレは、「ん?どういうことかな?確認してみよう。」という相談に発展します。

 

 

やりとりというのは、ズレという火種を抱えているのですね。

 

 

火種を抱えているがゆえに、伝える努力や汲みとる努力を怠ると、炎上しやすくなります。

 

ちょっと言っただけで「まあ、伝わるだろう」とか、

ちょっと聞いただけで「こういうことに違いない」とか、

思い込んでしまうと危ない。

発火します。ボッ!

 

 

ただでさえ、誤解を招く言い方や、自分勝手な解釈の余地が、人にはあるものです。

 

わずかな手間を惜しまず、わずかな迷惑を顧みず、「念のため確認してみる」のが、いいのでしょう。

双方に生じたズレを、確認によってちょこちょこ修正していく感じです。

 

 

結果的に、そのほうが効率的に、気持ちよく仕事を進められると思います。

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA