息子(4歳)の乱視が、メガネをかけることで良くなっていました

息子(4歳)が、生まれつきの乱視のため、メガネをかけて矯正治療をしています。

メガネをかけることで、映像をきちんと網膜で結ぶようにし、網膜を刺激し、視る力を伸ばすのです。

正式な診断名は、「屈折異常弱視」です。

 

 

先日、メガネをかけて3か月後の受診をしました。

 

メガネをかけ始めたころは、左目が0.4しかありませんでした。

 

そして現在は・・・・・・・

 

 

0.9!

 

よかったですね。

視力が上がっていました。

右目も1.0です。

 

もしメガネをかけても視力が上がらなかったら、「左目を使わないことに慣れている状態」となります。

その場合は、右目にアイパッチ(眼帯みたいなやつ)をして、強制的に左目を使わせる治療をするところでした。

 

でも、アイパッチまでは必要なさそうです。

 

まだ乱視状態であることに変わりないので、メガネはかけ続けることになります。

辛抱、辛抱だ、息子くん!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA