どうせ短くは生きられないのだから、ずっと太く生きていきたい

どうせ短くは生きられないのだから、ずっと太く生きていきたい

太く短く生きたい、という声を聞きます。

病院でチューブにつながれながら、無為に過ごすという姿を嫌ってのことでしょう。

以前の僕がそうでした。

 

しかし今の時代は、短くは生きられません。

死にそうになれば、医療があらゆる手を施し、生命を長らえさせます。

病気を治し、死なないようにするのが、医療の使命です。

そして現代の医療は、容易に人が死なないほど、高度に発達しているのです。

口から食べられなくなったら、胃に栄養を流す。

空気がすえなくなったら、のどに空気を流す。

 

 

太く短く生きる人は、ごくわずか。

それを願うのは、運任せです。

 

 

だから僕は、太く短く生きることはあきらめました。

 

そう、太く長く生きるのです。

 

 

そのために大事なのは、健康です。

 

極限まで睡眠を削っていませんか?

インスタント食品ばかり食べていませんか?

笑っていますか?

 

壮年期に無理をしては、老年期にガタがくる可能性があります。

いつになっても、不自由は嫌なものです。

自由でいるためには、健康であるほうが都合がいいに決まっているじゃないですか。

 

 

60歳、70歳になっても、若者に夢や希望や熱意を抱かせ、世の中に貢献する。

そのように生きていきたいです。

どうせ長く生きるんだったら、ずっと太く。

 

僕はまだ30代ですが、よく寝て、体にいいものを食べて、家族や同僚と笑って過ごすことを重視していきます。

コメント0
CATEGORY :
TAG :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA