昨日、同い年の人が、癌で亡くなった

昨日、同い年の人が、癌で亡くなりました。 35歳です。

僕とは面識がなく、妻の友達です。

かつて妻が勤めていた施設で、一緒に働いた仲間だそうです。

 

お子さんは小学生で、死期が近づくにつれ、「病院に行きたくない」と言っていたそうです。

きっと、母の死が近づくのを受け止められなかったのでしょう。

きっと、母はお子さんと、ずっと一緒に居たかったはずです。

僕なら、そう思います。

 

 

昨日、亡くなる間際、お子さんがどうだったのか。旦那さんがどうだったのか。

それはこれから知ることができるかもしれません。

 

 

35歳で亡くなるというのは、早い。

もっと早くに亡くなる方ももちろんいらっしゃるでしょう。

でも、同い年ということや、自分と同じように子どもがいるということ。

その状況の近さが、僕に重く衝撃を与えます。

 

 

 

人は、遅かれ早かれ、死ぬ。

それは知ってる。

でも、ほんとに死ぬんだ。

僕と同い年でも、ほんとに死ぬんだ。

後悔はなかったろうか。

 

 

死ぬ時に、後悔はないだろうか。

生ききるって、どういうことだろうか。

 

 

後悔のないように生きるって、どうすればいいんだろうか。

背伸びしながら、やれるだけのことはやる。

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA