書き出しタイムで、快適スッキリ

書き出しタイムで、快適スッキリ

毎週月曜日には、15分だけ、書き出しタイムというものを設けています。

書き出しとは、頭の中のモヤモヤとか、うずうずとか、ギュリギュリしてるものを、すべて文字にして書き出すことを言います。

頭の中に詰まっているものを、文字にして書き出すことで、とにかくスッキリします。
スッキリするだけでも、仕事が効率化するものです。

さらに、書き出したものをながめてみると、自分が今、どういうことに気を病んでいるのか、ワクワクしているのかが、客観的にみることができます。

そして、じゃ、どうしていこうかと、冷静に考えることができるのです。
書きつけてあるので、すぐに処理できなくても、忘れてしまっても大丈夫。
頭の中のモヤモヤはとりあえず忘れて、今やるべきことに集中できるのです。

何に書き出すか

パソコンに打ち込んでもいいですが、僕の場合はノートに書きなぐってます。

バッテンがついているのは、処理済みということです

 

書き出す時間

僕は、15分とってるけど、場合によっては10分でも充分です。
10分でも、やるとやらないとでは、効率が全然違います。
本当は、2時間くらいとると、重箱の隅の方までモヤモヤがとれるのですが、なかなか難しいので、僕の場合は15分です。

 

さいごに

頭の中にある状態は、意外と正体不明なものです。
正体不明の心配事にとらわれていると、うつうつとしてしまいます。

頭から吐き出し、正体を明らかにするだけでもスッキリし、さらに解決できればイキイキとなれますよ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA