人が行動を変えるのは、成功体験を得た時である。だから、毎日のレビューで小さな成功体験を発見することで、行動を変えられる。

人間は習慣のかたまりだと言われます。

では、習慣ってどのように変えたらいいのでしょうか。

習慣は、行動の積み重ねだとしたら、行動が変わらなければなりません。

ある日、気付きました。

「成功体験で、気持ちよかった時に、行動って変わるよな…。」

そうです。人間は快を求めて、行動を変えるのです。

それに気づいた時、僕が行っている「日次レポート」が、意義あるものだと実感しました。

日次レポート

僕は、毎日、その日一日を振り返っています。

振り返りの仕方は、「決まった質問に答えていく」という方法です。
具体的には、以下の質問です。

[1.達成感を感じたことは?]

[2.そのために何をした?]

[3.課題だと感じたことは?]

[4.原因は?]

[5.次はどうすべき?]

[6.まず何をする?]

これを僕は、日次レポートと呼び、仕事でもプライベートでも毎日やっています。
一般的には、日次レビューと呼ばれることが多いです。

良かったことも、悪かったことも、忘れてしまう

記憶というのは頼りなく、あまり正確に大量に覚えているものではありません。
あいまいに一部分だけ覚えているものです。

それが、自分にとって良きものであれ、悪しきものであれ、忘れてしまいます。

だから、頭の中で悩んだって、振り返りの質は、高くありません。
書きつけておくことで、やっと正確に振り返ることができます。

僕の場合は、さらに、日次レポートを、毎週振り返って週次レポートを作成します。
週次レポートを、毎月振り返って月次レポートを作成します。

こうして、エッセンスをどんどん昇華していくのです。

そして、自分にとって良かったことは、引き続きできるようにする。
悪かったことは、改めるようにする。

これを、納得して行うことができるのです。

そう、行動が変わり、習慣が形成されるのです。

ヒンズー教の教えと言われる、次の言葉が、現実味を帯びてきます。

心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる。

1日3分の日次レポートが、人生すら変えてしまうのですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA