2014

Year
性格とは、ライフスタイルのことだから、変えていける /小倉広著『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』
アドラー心理学として有名な、アルフレッド・アドラーの言葉が凝縮された本を読んでみました。 小倉広著『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』です。     この本には、発想の転換を得られた言葉と、「そりゃないよな」という言葉とがありましたので、両方ともご紹介したいと思います。 &nb...
子供にYouTubeを見せるのが、それほど悪いことなのかなぁ。YouTube見せてもいいんじゃない?
  B型起業人 好きなことで稼いでいくためのマーケティングの話というブログを書かれている鳥井謙吾さんから、子供のYouTube視聴に関する提案をいただきました。   こちらです。 子供にyoutubeを見せるべきか今日から一緒に考えませんか | B型起業人 好きなことで稼いでいくためのマーケティング...
出版への道すじ⑤ 〜執筆や出版作業したら、毎回ログをとる〜
  章立てがほぼ固まってきて、本格的に原稿を執筆しております。 そんな現在、猛烈に役立っている習慣をご紹介します。   それは、「出版作業のログをとる」ということです。     テンプレートを作って、書くだけにする   「出版作業のログをとる」というのは、『月刊ライフハ...
年が明けてもいいから、ワクワクをきちんと見つけてから年次計画を立てる
そろそろ年末が差し迫ってきて、来年のプランを立てなきゃと、焦りはじめてます。     しかし、来年の年間計画の作成が一向に進まない! ちっとも進まない!   何でかと言うと、自分史を書くところから始めてるからです。 書くどころか、参考書を読んでる状態なんだから、書き始めてもいないのです。 ...
出版への道すじ④ 〜ざっと書いた原稿やブログからキーワードを出し、マインドマップでつなげてみる〜
  前回、30000字を書いたことをお伝えしました。 キーワードについて、好きなようにひたすら書いての30000文字です。   ひたすら書いているうちに、「自分が何を言いたいのか」が少しずつ明確になってくる感覚があります。 書くことで、あいまいだった想いが、言語化されるのです。   そうい...
小さい子どもにも、熱々のココアをすぐに飲ませてあげられる作り方
寒くなりましたね。 ココアがおいしい季節です。   大人にとっては、熱々のココアを飲むのが、たまらなく楽しみでしょう。 でも、小さい子どもにとっては、熱くなくてもいいから、すぐ飲みたいのです。   そこで、小さい子どもでもすぐにココアを飲める作り方をお伝えします。     少なめ...
出版への道すじ③ 〜毎朝25分だけ書いて、1ヶ月で30000字を書きあげた〜
  前回、執筆環境を整えて、快適に執筆する準備ができました。 そして、11月に入ってから執筆をスタートしました。   2〜3ヶ月で、ある程度の原稿量を書きあげたいと思い、目標を30000字としたところ、なんと1ヶ月で達成できました。 いや〜、よかったです。   今回の記事では、30000字...
かみさんが妊娠中につき、家事・育児をがっつりしてます。ちゃんと休暇をください。
かみさんが、3人目を妊娠しています。 つわりがひどくて、食べたら、吐く。 1日に、4〜5回は吐いてますね。   吐くからといって、何も食べないわけにはいきません。 かみさんも生きているわけだし、お腹には宿ったばかりの生命があるのです。 むしろ、いつもより栄養をとってほしいくらいです。   でも、食べ...
子どものようにワクワクする源を大事に生きるぞ / マイク・マクマナス著『ソース』
  来年は、この『ソース』という本を軸に、生き方を決めたいと思います。   ソースとは、「自分がワクワクすること」。 生きる意欲の源泉であり、奇跡の泉。 源=ソース、です。     つまり来年は、ワクワクすることをやっちゃおう、ということです。     ソース...
50歳は、起業に最適だと!? / 出口治明 『「働き方」の教科書』
  うちの家族もお世話になっているライフネット生命の創業者 出口治明さんが、働き方について語っております。   その中で、ガツンと得られたことを3つだけ取り上げようと思います。     50歳は起業に適している   起業といえば、若いうちにやらないとできたもんじゃない、...
弱い自分を守るために必死で築きあげてきたマイルールこそが、これからの自分にフタをしてしまっている
  「自分が我慢することで、周りとの関係がうまくいく。」   これは、僕が身に付けてきた、大事な処世術です。 数々の場面で、救われてきました。   だから、これからもこの原則に沿って、いろいろな波を乗り越えようと思っていました。   でも、先日セラピストの方に話を聞いてもらったら...
地方の活性化は、地方の看取りあってこそではないか
現在、「地方創生」という政策が脚光を浴びています。   「まち・ひと・しごと創生本部」というものが設置されて、本部長は総理大臣の安倍晋三氏。 副本部長は、地方創生担当大臣の石破茂氏。それと、官房長官の菅義偉氏。     人口の急減・超高齢化という課題に対し、 ①若い世代の就労・結婚・子育て...
「自分が解決する」くらいの構えがあってこそ、見えてくるものがある
  仕事する上で、役割分担がないとやっていられませんが、やりようによっては自分を小さくしてしまいます。     任せるって、楽だけど、楽しくない   役割分担すると、誰かに任せる仕事が出てきますよね。 「これは、自分の仕事じゃない」って。   それは、「言われたことだけ...
軽度の知的障害がある人にとっての居場所
とある団体が、障害を持った方にとっての居場所づくりにチャレンジしています。 もう2年近くなります。   僕も少し関わっているので、その居場所の特徴などを書いてみたいと思います。   その居場所(仮に、「花咲き」と名付けます)には、主に軽度の知的障害者が集まります。 ですので、今回は、軽度知的障害者に...
子供を中心とした生活に重点をおいてて良かったと思える瞬間
  我が家には、小さい子供がいます。 3歳と5歳です。   なにかと手のかかる年齢。 それは、“生き物として”人間が、超未熟児で生まれてくるから、当たり前のことなのです。 なんせ、一人前になるまで、20年もかかるのですから。     子供のボールを受け止める   子供の...
【横浜市】わんちゃんを触るなら、今がチャンス!ズーラシアで、わんわんが大集合してるよ!2014.11.24まで
  1999年に開園して以来、今に至るまでずっと拡大し続けている、動物園。   よこはま動物園 ズーラシア   横浜という大都市にいることなんてあっという間に忘れてしまうほどのアミューズメント。     現在は、犬好きにはたまらないイベントが開催中です。   ...
「自分はできるやつなんだ」と誇示したいがために、他人をおとしめるという恥ずかしい行為。僕もやっちまいました
  「自分はすごいやつなんだ」「できるやつなんだ」 と周りの人に認めてもらうための、簡単な方法は?   他人をおとしめることです。     実際に、周りの人に「すごいやつだ」と思ってもらえるかは、分かりません。   でも、他人をおとしめることで、 「少なくとも自分は、こ...
大人だって放課後に部活動してもいいじゃない!?横浜にグランドオープン「BUKATSUDO」イベント情報
  ワーク・ライフ・バランスの推進がされていますが、仕事を早めに切り上げられるようになったら、なにをしますか?   学校の部活動のように、大人だって趣味の合う仲間と集まって、好きなことをしたっていいですよね!?     そこで横浜市に登場したのが、こちら   BUKAT...