何をするにも、お金のかかる世の中で、子どもの育ちが損なわれてる

何をするにも、お金のかかる世の中で、子どもの育ちが損なわれてる

何をするにも、お金のかかる世の中ですね。
一方、就労状況は厳しくなっています。

子どものいる世帯では、経済の厳しさが、子どもの育ちに必要な体験を、損なっています。
育ちが損なわれれば、就労も難しくなり、再び貧困世帯となります。

スタートから貧困状態だと、そこから上昇するのが難しくなっているのです。

現在、日本の中で、健康保険料を払えず、「無保険」状態になっている中学生以下の子どもは、3万2千人。
世帯でいうと、35万世帯です。

けして豊かな社会だとは、胸を張って言えないですね。

Posted from するぷろ for iOS.

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA